タイ・バンコクのTCCワールドコンベンションの2大発表

11/11にタイ・バンコクで行われたTCCワールドコンベンション。

プレローンチからは11か月、グランドローンチからわずか半年で世界236カ国で30万人にまで成長した暗号通貨AIトレードのTCCファミリー。

その熱い熱気の中で行われた二つの素晴らしいリリースが。

ひとつは、AIトレードツールの進化系・Trade by Trade

詳細について後日また・・・

もうひとつは、独自の新通貨T-Coin

こちらは、TCCワールドコンベンション直後に実装され、私たちTCCファミリーが大きな期待を寄せました。

TCCが管理する独自通貨「Tcoin」

T-Coinとは、暗号通貨の形式をとった公開前株式のようなものです。

通貨コードは「TCN」

TCCとは関係のない、通貨コード「TCOIN」という別物が存在していますので、ご注意下さいませ。

Trade by Tradeの取引所に2018年8月に上場予定で、一般の方でも売り買いが可能になることでしょう。

私たちTCCファミリーの大きな期待を寄せたこのTcoinは

  • 総発行枚数は8,800万枚。そのうち80%の7,104万枚が採掘済みで残りの2割はこれからのマイニング。
  • 発行済みの30%(2,100万枚)が市場(TCC会員及びTrade by Trade利用者の手に)へ
  • 30%は持ち株としてTrade by Trade社が保有。
  • 30%はトップファウンダーが保有。
  • 10%は維持管理費として利用。
  • 2019年12月31日以降、T-Coin保有数に応じてTrade by Trade社の収益の10%を配当として均等配分(株主への配当みたいな感じです)
  • TCC会員が購入出来るスタート価格の5ドル⇒5.5ドル⇒6ドル。プレセール終了後の本日(2018/01/05)は11.10ドル

庶民のミカタ(?)の「Tcoin」

このTcoinの実装の素晴らしい恩恵は

  • ビットコイン高騰により、途上国などにおけるTCC参入障壁が急激に高まってしまったことを緩和するため
  • 同じく、暗号通貨に慣れ親しんでいない方のTCC参入障壁を緩和するため
  • 自社の事業推進に賛同してくれるTCC会員・利用者への利益還元

この利益還元という言葉を裏付けるかのように、

実は、BTCに比べるとTcoinの配当がかなり高いんです(=´∇`=)

その上、株主配当みたいにTrade by Trade社の収益の10%を配当として均等配分して貰えるなんて!

参加して良かったな~と思うこの頃です。



※投資に関しては、最終的にご自身の判断となります。

TCCへのご登録のご案内はこちらから!


お問合せはこちらから