独自通貨「Tcoin」とは?

独自通貨「Tcoin」の魅力については、

独自通貨「Tcoin」が魅力的すぎる!

でも投稿していますが、

  • TCC運営母体「Trade by Trade」社が発行する独自トークン(通貨)
  • 総発行予定枚数は8,880万枚
  • うちマイニング済み7,104万枚の30%に当たる2,103万枚がプレセールとして2017年中ICO期間(終了-本日(2018/01/06)は11.98ドル)
  • ビットコイン高騰により、途上国などにおけるTCC参入障壁が急激に高まってしまったことを緩和
  • 暗号通貨に慣れ親しんでいない方のTCC参入障壁を緩和

自社の事業推進に賛同してくれるTCC会員・利用者への利益還元などが「Tcoin」の魅力であると言えるでしょう。

「Tcoin」のホワイトペーパー公開

いよいよ「Tcoin」の魅力のホワイトペーパーが公開されました!

ホワイトペーパーをご覧になると、その緻密な計画に驚かれたと思います。

ホワイトペーパーすらないいい加減なICOでも、510倍程度になってしまうことが多い暗号通貨バブルですが、明確な未来像が描かれています。


※Tcoinのホワイトペーパーはこちらからどうぞ ↓ ↓ ↓

Tcoin WHITEPAPER_日本語訳 1.33MB
Tcoin WHITEPAPER_日本語訳

Tcoin WHITEPAPER_English 1.03MB
Tcoin WHITEPAPER_English

※日本語訳はツールを使用していますので、分かりにくいところがあるかも知れませんm(__)m

「Tcoin」のロードマップがすごい!

「Tcoin」のロードマップの文字が小さくて読みにくいので、大きな画像として取り出してみたのがこちら↓ ↓ ↓

ロードマップを要約すると

  • プレセール後の有力な上場先を見つけることに苦心するICO銘柄が多い中、発行元が会員40万人超規模の取引所を保有
  • スタート時30種類以上の通貨とのトレードが可能な状態での上場が決定
  • 取引所そのものがAIによる多数の補助機能を持ち、トレード初心者の参入の敷居を下げていく
  • その他主要な取引所での上場が準備されている
  • 取引所の2022年までの口座数目標は2,000万口座、流通額は10億ドルで、全世界の暗号通貨取引所市場の15%のシェア獲得を目標としている
  • 1億枚に満たない総発行枚数、市場にも全数が出回らないことが確実なことから希少性が高く、値上がりが見込まれる
  • 銀行ライセンスの申請を既に済ませ、2018年中ごろに暗号通貨に特化した銀行「Trade by Trade Bank」設立予定。各種通貨間取引や貸し借りをはじめ、デビットカードを発行して流通を促進

これでもか!というような素晴らしいロードマップ。

「Tcoin」の可能性にかけてみるのは今かも知れませんね。

TCCのロードマップをひも解く




※投資に関しては、最終的にご自身の判断となります。

TCCへのご登録のご案内はこちらから!


お問合せはこちらから